教室に入りIT関係技術のスキルアップ

IT関係技術でスキルアップを目指すのでしたら、「ええ!」と思われるかも知れませんが「教室に通う」ということもひとつの手だと思いますよ。

自分が今、大体はマスターしている言語について、もっと高めたいというのではなくて、仕事の幅を広げるためにも、他の言語も習得したいと思うのでしたら、オーソドックスではあるのですが「教室に通う」という方法がもっとも効率が良いと思うのです。

確かにある程度のIT知識があるのでしたら、参考書をめくりながら自分でチュートリアルなどをやりつつ勉強していくという方法もいいでしょう。仕事ができるほどのIT技術および知識があるのでしたら、他の言語にしましても自分で独学で学んでいく方が、お金もかからず、そしてスケジュールも調整しやすいというものですから。

けれど、講座を受講することにしてもバカにしてはいけませんよ。初歩的なことをやることで、自分自身の知識及びスキルの確認にもつながりますからね。それに、「わからないことがあればすぐに講師に聞くことができる環境」って、ものすごく助けられますから。

だからこそ、IT関係技術のスキルアップを目指すのならば、「教室に入る」という選択肢も大いにアリだというわけです。

カテゴリー: スキルアップ パーマリンク